神戸うどん巡り「小麦の実り(甲南店)」

b0073782_252179.jpg

ふわふわ散歩、大人の社会見学に続くシリーズ化第3弾!
ジャジャ~ン♪「神戸うどん巡り」☆

神戸にも、本場讃岐うどんに負けないくらいの美味しい
うどん屋さんがいっぱいあるので
これから、どんどんと紹介していきますね(^^)




b0073782_264821.jpgb0073782_265795.jpg
b0073782_271572.jpgb0073782_27277.jpg
↑左上:生醤油うどん、左下:かけうどん
神戸は、粉もん天国だけあって、うどんへの拘りを
強くもっている方が多いところでもあります。
何を隠そう私もその一人σ(^_^)
お仕事で1年ほど讃岐に住んでたこともあり、
讃岐うどんに対してもうるさいほうなのだぁ?!?!(≧▽≦;☆

そして今日、訪れたところは「小麦の実り」
最近、食べ歩きブログさんの間で話題のお店!

お店の外観は、至って普通。
お店の中も、カウンター席のみで至って普通。
ケーキ屋さんじゃないんだから、綺麗やかわいい
必要なんかないのね。
美味しければいいのだぁ~。

で、私が注文したのは・・・
冷たいうどんの「生醤油うどん」と
温かいうどんの「かけ」です。
≧▽≦キャッ!2杯も注文しちゃいました☆

なんで2杯も・・・?
それは、讃岐に住んでたときに、打ち方を教わった先生が言ってたこと!
”讃岐うどんは、冷たいうどんと温かいうどんとでは味が違う!
だから、お店によっては冷たいうどんが美味しいところもあるし、
温かいうどんの方が美味しいところもあるので
必ず、冷たいうどんと温かいうどんを食べ比べるように”って

それから、冷たいのと温かいのを食べ比べるようになったんだけど。
ほんと、うどんの歯触り、舌触りの食感がゼンゼン違うんだよ!
冷たいうどんは、コシが強く感じられるし
温かいうどんは、もちもちした食感になるよ。

そして、こちらのお店は注文を受けてから
麺を茹でるのに15分くらいかかります。
でも、茹でたてが一番美味しいので
雑誌を読みながら待ってましたぁ(^^)

「生醤油うどん」
うどんがピカピカ!輝いてます。
美味しいうどんの証である”麺のエッジ”も立ってます。
生醤油をサッと回し掛け、薬味を少々混ぜ、ツルッツルッと・・・

とてもコシがあって、のど越しも最高です。
麺の弾力が強いのでなかなか噛み切れない。
ほんと、麺の良さは生醤油で頂くのが一番です。

「かけうどん」
こちらのかけうどんは、”ひやあつ”
麺を一度、冷水で絞めてから温かいお出汁をかけたもの。
温かいので生醤油うどんに比べ、コシが少し弱くなっていますが、
もちもち感はこちらのほうが良く出ています。

お出汁は、羅臼昆布と5種類以上の節からとっているもので
いいお出汁が出ています。
でも、お出汁が良すぎるのか?濃すぎるのか?
私的には、うどんのお出汁としては強すぎて、
麺の良さがあまり感じられませんでした。
もう少しお出汁が薄くて、甘めであれば麺と釣合いが
とれていいんじゃないのかなぁ。

あ~お腹がパンパン!もう食べられにゃい。
でも、次は「ぶっかけ卵」を食べよっと(^_^)/

☆コミミ情報☆
讃岐うどん用語の説明します。

讃岐では「ひやひや」や「ひやあつ」って、よく言われます。
「ひやあつ」の場合は、冷たい麺と温かいお出汁の組合せ。
「麺 出汁」の並び順です。

また、麺における”ひや”と”あつ”の違いはというと。
”ひや”は茹で上がってから一度、冷水にサラシタ麺のことで、
”あつ”は茹で上がってそのまま食べる麺のことです。
「釜玉うどん」や「釜揚げうどん」が”あつ”なんですね。

わかってもらえましたか(^^)

小麦の実り(甲南店)
住所:神戸市東灘区田中町3-10-25
電話:078-413-8455
座席:カウンター10席
営業時間:11:00~23:00 L.O.22:30(麺が無くなり次第終了)
定休日:月曜日(月曜が祝日の場合翌火曜日)
小麦の実り(讃岐うどん)
[PR]

by kobezuki | 2006-11-18 02:20 | 食歳時記