ノスタルジックな街、新開地をふわふわ散歩♪

b0073782_3144583.jpg

今日は、お友達ご夫婦がサプライズでお家にやってきてくれました。
お鍋の材料を持ってね。
今晩は、美味しくて楽しいひと時でした(^^)

かつての神戸の中心地であった「新開地」をふわふわ散歩してみましたぁ(^^)




b0073782_3151920.jpgb0073782_3152847.jpg
b0073782_315453.jpgb0073782_316721.jpg
↑左上:新開地商店街、右上:西国街道指標、左下:金物屋さん
今から、50年ほど前まで新開地が神戸の中心地で
神戸市役所、兵庫県庁も新開地にあったそうです。
それが、どんどんと三宮が発展なするようになり、
新開地は発展から取り残されていったんだそうです。

私自身、新開地を訪れるのは今回を入れても数えるほど。
だって、「行ってはいけない」と親から言われていたところなのです。
だから大人になって、はじめて訪れたぐらいです。
でも、勇気を振り絞ってふわふわと巡ってみましたぁ。

まずは、「西国街道の指標」
西国街道は、西国大名の参勤交代に利用されていた道です。
その西国街道は、現在の神戸の中心を貫く、
国道2号線に沿うように通っていたそうです。
また、西国街道について調べていると、私が昔住んでいた
マンションの下を通っていたことがわかって、もうビックリ( ゜_゜;)です。

次に発見したのは、昔からあると思われる金物屋さんかなぁ?
靴、軍手、合鍵、金物などなど、所狭しと並べてある。
でも、店内へのチャレンジはちょっとなしです・・・。

さらに、昔ながらのパン屋さん「大和屋ベーカリー」さんを発見!

b0073782_318650.jpgb0073782_3175026.jpg
昔ながらの対面式のお店。
パンの包み紙も昔ながらの素朴なデザイン!
学生時代に学食や売店で買っていたようなパンで
あんぱん、クリームパン、三色パンなど定番商品が目白押しです。

で、私が購入したのは「コルネ」♪

b0073782_3191591.jpgb0073782_320933.jpg
巻貝のような形をしていて、中にはチョコクリームが入っています。
あっさりとしたチョコクリームと素朴な生地が
とっても懐かしく思えましたぁ(^o^)/

そうそう、こちらの大和屋ベーカリーさんにも置いてありましたが
世間で言うメロンパンは、神戸ではサンライズと呼ばれています。
また、神戸でメロンパンといえば、フットボールのボールを
縦半分にしたみたいな楕円形の生地に白餡が入ったものを
メロンパンと呼んでいます。
でも、最近では置いているパン屋さんは少なくなってしまったなぁ。
※こちらを参考にしてね⇒”メロンパンとサンライズってちがうの?”

そして、お散歩の最終目的地「グリル一平」さん♪で
オムライスを頬張ることに(^^)

b0073782_3224589.jpgb0073782_3225548.jpg
b0073782_3231766.jpgb0073782_3232775.jpg
お店へ入ると”いらっしゃい”って、明るく元気な声で迎えてくれます。
店内もとっても明るく、アットホームな感じです。

さっそく、オムライスを注文!
しばらくすると厨房から、オムライスを炒める音といい香りが漂ってきます。
うぅぅ~たまんなぁ~い、早く食べたいよ~(T^T)

じゃ~~ん!!出て来ましたぁグリル一平さんイチオシのオムライス♪
香りを皆さんへお届けできないのが残念。
ビーフシチュー用のお肉を煮込んで作った
伝統のデミソースがとてもいい香りヽ(´▽`)/

また、ハムが入ったケチャップライスは、バター風味でほんのりと甘く、
ビターなデミソースとも絶妙にマッチしています。

あ~お腹いっぱいです(^。^;)ふう。

今回、お邪魔することができなかった
豚まんの「春陽軒」や洋食のグリル金プラへも
是非、機会があたら行ってみたいなぁ(^^)

定番は昔ながらの三色パン「大和屋ベーカリー」
住所:神戸市兵庫区新開地5-2-13
営業時間:7:00~24:00(日曜16:00~24:00)
昔ながらの三色パン「大和屋ベーカリー」

特製デミグラスソースが最高「グリル一平」
住所:神戸市兵庫区新開地2-5-5 リオ神戸2F
営業時間:11:30~20:20
定休日:木曜日 第3水曜日
特製デミソースが最高「グリル一平」(洋食

新開地ファン
新開地プチ達人の案内人たちが、とっておきの新開地ツアーコースを
紹介してくれています。
また、新スポットや歴史の紹介コーナーもありますよ!
[PR]

by kobezuki | 2006-11-13 03:31 | ふわふわ散歩