静子おばあちゃんが作るアイスキャンデー

b0073782_1703927.jpg

今日の神戸は、少し涼しかった・・・でも30℃はあったんだけどね。
夏バテの私には、少しだけすごし易い1日でした。



関西で有名なアイスキャンデーといえば・・・”551のアイスキャンデー”。
たしかに、おいしい♪
でも、神戸のアイスキャンデーといえば、ここ『鈴木商店』さん。

雑誌”SAVVY”9月号にて、ご近所の『鈴木商店』さんが
載っているのを見て、私も長い間食べてないな~
ってことで、冷たいものを求めて買いに行っちゃいました。

でも、アイスキャンデーは午前中には売り切れてしまう代物・・・
早く、早く、買いに行かなくっちゃ♪ d(⌒o⌒)b♪ルンルン

鈴木商店さんは、60年の伝統を守り続けるお店。
店主の鈴木静子おばあちゃんは、60年間ずっと変わらず
1日1100本ものアイスキャンデーを手作業で作り続けてられます。
ミルク金時に入っているあずきは、2時間かけてお鍋でコトコト
炊き上げたもの。
また、アイスキャンデーの棒も1本1本、手で斜めに刺してあるもの。
包装紙も1つ1つ手で巻いて行くんだって。

その包装紙には、静子おばあちゃん直筆の”高級アイスキャンデー”の文字と
かわいいスズランの絵が描かれています。
とっても、温かみがあってほのぼのとしちゃいます。
ここ鈴木商店は、今も昔も変わらない味とスタイルで
神戸のみなさんに愛され続けているお店なんです。

b0073782_1705684.jpgb0073782_171652.jpg
お味は・・・。

アイスキャンデーのサイズは、「あらっ」と拍子抜けするくらい小さめ。
味の種類は、ミルク、カルピス、ミルク金時、バナナの4つ。
硬すぎず、柔らかすぎず、口の中でゆっくりと溶ける。
甘さ加減も絶妙!口の中いっぱいに、美味しさがひろがります(^^)♪

”ミルク金時”は、人気№1の商品で北海道産のあずきが
いっぱい入っています。
”バナナ”は、バナナの果肉がそのまま入っていて自然な甘さが格別です。
”ミルク”は、やさしい甘さで昔懐かしいお味。
”カルピス”は、ちょっと酸味があって、のどを潤す美味しさ!

まだまだ、残暑が厳しい毎日なので
みなさんもお近くに来られた際には食べてみて(^_-)ねっ

追伸!!
お店の窓が開いていない時は、残念だけど買うタイミングを
逃したってことなんです。
また、新聞紙に包んでくれるだけなので
長時間の持ち帰りの際には、クーラーボックス持参で
お出かけされたほうがいいです。

『鈴木商店』
 住所:神戸市東灘区田中町3-1-1
 TEL:078-431-5744
 営業時間:10:00~16:00
 定休日:火・水曜日
[PR]

by kobezuki | 2006-08-23 17:48 | スイーツ