”まむし”の日

b0073782_14562644.jpg

今日は、土用の丑ですね。
この暑さにもってこいですね(^^)



みなさん、”まむし”と言うと、何を思い浮かべますか?
すぐに、ヘビのマムシを思い浮かべるのではないですかぁ・・・。

関西では、”まむし”といえば、鰻丼を意味します。
しかし、関東の鰻丼と関西の”まむし”は、実は同じではないんですね。
関東では、蒲焼がご飯の上に乗っているけれど、
関西の”まむし”は、蒲焼がご飯の中にはさまれているんです。
だから、蒲焼きが温かいご飯で蒸されるので”まむし”と言われたり、
または、ご飯が鰻にまぶしてあるので”まぶし”と
言われるようになったんだそうです。

でも最近では、なんだか気味悪い(~_~;)という人が増えてしまって、
関西の鰻屋さんでは”まむし”の字を見かけることが
めっきり少なくなりました。
ちょっと残念・・・。

それと、昔から”土用の丑”には、鰻!ってなぜか言われますよね?
その昔、夏バテ防止にと鰻を食べるという習慣が定着したのは、
江戸時代中後期になってから。
売り上げ不振に悩んだ鰻屋さんから、相談を受けた平賀源内が
”今日は土用の丑の日”と書いた張り紙を出して宣伝したことで
繁盛したからなんだとか。
また、丑(うし)の日に「う」の付く物(うどん・うり・梅干など)食べると
体に良いとの言い伝えからも来ているそうですよ!

はい、はい、そこのあなた。
”土曜の牛の日”だと勘違いして、ビーフステーキをたべちゃダメだよ(^^)

☆コミミ情報☆
「Mt.摩耶 星と光の祭典」

先月、神戸の摩耶山掬星台に”天の川”や”星座”が
浮かぶ綺麗な小径がお目見えしたそうです。
なんでも、青と緑にキラメク空間なんだとか・・・。

現在、掬星台では「Mt.摩耶 星と光の祭典」として8/6まで
数多くのイベントが催されています。
また、掬星台からは綺麗な神戸の夜景を楽しむことも出来ますよ。
夕涼みがてら訪れてみられてはどうでしょうか!!ヾ(*'-'*)
[PR]

by kobezuki | 2006-08-04 15:08 | 食歳時記