口溶けマジックの達人『パティスリー モンプリュ』

b0073782_1113319.jpg

神戸は、昨晩から降り続く雨・・・。

行ってみたい~って◎チェックしてたケーキやさんへ
行ってきましたヾ(@⌒▽⌒@)/!




b0073782_111422100.jpgb0073782_11143711.jpg
b0073782_11145912.jpgb0073782_11224992.jpg
b0073782_11153447.jpgb0073782_111552100.jpg
こちらのは、”御影高杉”から独立された林シェフが営むお店。
お店のお名前は『パティスリー モンプリュ』
正式には『モンテ・オ・プリュ・オー・デュ・スィエル』
(”空高く舞い上がる”という意味)
でも、呼びやすいように「モンプリュ」という愛称にしてあるということ。

お店の概観は、シンプルで清楚な感じ。
さりげなく、お洒落な自転車が置かれてたりもします。

店内に入ると、お客さんがいっぱい!
平日の2時ごろだというのに・・・(゜o゜;)

また、大きなショーケースにはご自慢のケーキがいっぱい。
その横には、たくさんの焼き菓子があったような?
人気があるみたいで空っぽ。
あと、イートインコーナーと奥にはケーキ教室の
スペースがあります。

そして、いつもの事ながらケーキをなかなか選べないんだよね~。
お店の人に、お勧めを聞いてみたり、雑誌で見たケーキは
これだったかなぁっていろいろ考えて・・・。
10分以上考えちゃいました(*^.^*)えへっ

b0073782_11163593.jpgb0073782_11164568.jpg
↑左:『スリー』 右:『ペシュ・ペシュ』
で、私が選んだケーキは、
パイナップル、白桃、いちごの入った白ワインムースの『スリー』と、
白桃のムース、ジョコンド、桃リキュールのジュレを
幾重にも重ねた『ペシュ・ペシュ』です。

スリーは、一番上の苺のムラングが温かい食感。
下の層には、白桃、パイン、苺が入った冷たい白ワインのムース。

お口に入れるとその温度差と食感の違いにびっくりです。
温もりを残してシュワーっとお口の中で消えていくムラング、
冷たくてまったりと、とろける白ワインのムース。
ほのかに香る桃の香りがふわ~っとお鼻からぬけていきます・・・。
温度差と食感の違いを使っていて美味しい♪
でも、不思議??

ペシュ・ペシュは、何層構造になっているのかしら?
と思うぐらい幾重にも重ねられています。

お味は、複雑な風味と香りの饗宴とでも申しましょうか。
白桃そのものを食べるよりも、風味と香りが引き立っています。
各層は、白桃のジュレ、2種類の白桃ムース、松の実、
マドレーヌのような生地が少しづつ重ねられていて
それぞれお味が異なります。

白桃のジュレは、リキュールのお酒が良く効いていて、
白桃のムースはまったり、クリーミー。
もうひとつの白桃ムースは、気泡たっぷりでほわっとした感じ。
それと、気づかれない程度になんですが・・・
ナツメグが入っています。

これらすべてをお口に含むと・・・。
とっても不思議!一つ一つ食べたときの何倍もの
深い味わい、風味、食感がお口いっぱいにひろがります。
お口の中でアンサンブルを奏でるといった感じでしょうか。
後から後からいろいろな味わいが押し寄せてきて・・・。
また、ナツメグが白桃をグッと引き立てて
すばらしいアクセントを付けています。

ほんとに、美味しい!
まるですばらしいオーケストラ演奏を堪能したようです。

最後に、今回のパティスリーモンプリュさんのケーキには、
驚くことがいっぱいでした。
1個のケーキ内での温度差、濃度差、食感差・・・。
また、同じムースでも、必ず違った食感や風味。
お口の中でひとつになったときに醸し出される美味しさ。
これらすべてを繊細に計算され尽くされたシェフに感動です。

『パティスリー モンプリュ』
 住所:650-0024 神戸市中央区海岸通3-1-17
 電話:078-321-1048
 OPEN:10:00~19:00
 定休日:火曜日
 アクセス:元町駅下車、WINDSの西側の筋をまっすぐ海側へ徒歩8分
 パティスリーモンプリュ(ケーキ屋さん)
[PR]

by kobezuki | 2006-07-05 11:38 | スイーツ