命のバトン

b0073782_10281063.jpg
↑AED(Automated External Defibrillator)

あなたは、AEDを使ったことがありますか?




b0073782_10332275.jpgb0073782_10333268.jpg
↑少女のデスマスク

b0073782_10335923.jpgb0073782_10341321.jpg
↑心肺蘇生訓練人形”レサシアン”

多くの方は、使用されたことがないと思います。
私も、訓練でしか使ったことがありません。

2004年7月から、一般市民でも電気ショックにより
心臓発作で倒れている方を救うことが許可されました。
その電気ショック装置がAED(Automated External Defibrillator)
”自動体外式除細動器”のことです。
コンピューターを内蔵していて、とっても賢く電極パッドを患者の胸に貼ると
心電図を自動的に解析し、心室細動か否かを判断し、
装置が電気ショックを指示してくれます。
救助者は、指示に従うだけです。

でも、やっぱり簡単には助けることが出来ないんですね。
心電図を解析中に患者に触れていてはダメだとか、
電気ショックは、続けて3回までだとか。
予備知識がないと、適切に救命することが難しい・・・。

一般に呼ばれている心臓発作を”心室細動”と言うそうです。
心室細動とは、心臓の心室が小刻みにふるえた状態になり、
脳や身体に血液を送り出すことができなくなり、
数分間続くと死にいたる危険な不整脈のことだそうです。

このような心室細動を伴う心臓突然死を起こす人の多くは、
心臓病を持っている方だそうですが
健康な方でも突然、心室細動で倒れられる方は多いそうです。

私も実際に、健康な方が心臓発作でなくなられているのを見ています。
小学校のお友達のお父さんが、運動会の親御さん参加リレーにおいて
急に走ったため、心臓発作でなくなられました。
倒れる前までは、健康そのものだったそうです。

その心室細動を起こすと3~5秒で意識を失い、呼吸が停止します。
私が先日習った心臓マッサージなどの心肺蘇生術を施すことによって、
AEDの到着まで救命時間をいくらか持ちこたえさせることができますが、
心肺蘇生術だけで助けれないそうです。
また、倒れてから1分経過するごとに10%ずつ救命率が
低下するといわれていて、少なくとも5分以内、
それもできるだけ早期の除細動処置が救命にとって大切です。

現在、救急救命の先進国である欧米では、病院や救急車のほか、
パトカー、航空機、空港、スポーツ施設、フェリー等での導入が進んでいます。
日本でも、空港、鉄道の駅、スポーツ施設への設置が
徐々に増えてきていますが、人目に付かないところに設置してあったりして
ガッカリすることがあります。
もっともっと、AEDの重要性を理解してほしいと思います。

そして、いっぱいあるコンビニ各社でも設置に向けて検討してほしい。
コンビニに設置できれば、飛躍的に台数が増加するし
かならず1件は近くにあるでしょう。
そうすれば、1秒でも早く助けられるんじゃないかと・・・。
コンビニさん(^∧^)お願い。

余談ですが、上記の写真の心肺蘇生訓練用のお人形さんは、
「レサシアン」というお名前だそうです。
同じ講習会で一緒だった人に教えてもらったんですが、
レサシアンは、実在の人物がモデルになっているということ。
20世紀初頭にパリのセーヌ川で自ら命を絶った少女。
この少女の早すぎる死に胸を痛め、悲劇が繰り返されることが無いように
心肺蘇生訓練用のお人形さんに、少女のデスマスクを採用し
レサシアンと名づけたそうです。

ありがとう・・・”レサシアン”

あなたの大切な家族、恋人、お友達をいざというときに
あなたの手で助けましょう。
AED使用説明をいちど読まれておけば必ず役立ちます。

愛する人のために・・・。

AED普及協会

”命のバトン” AED普及ブログ
愛するお嬢さんを救えなかったことから、
1人でも多くの方にAEDを知ってもらう活動をされています。
愛があふれているブログです。

神戸市「まちかど救急ステーション」
AED使用方法、設置場所等が記載されています。

日本赤十字兵庫県支部 AED講習会

★よかったらコメントくださいね。
[PR]

by kobezuki | 2006-05-23 10:37 | マイライフ