”火垂るの墓”を巡るふわふわ

b0073782_17145043.jpg

今日はアニメ”火垂るの墓”の舞台になったところを
ふわふわ散歩してきたよ。



私は毎年、終戦の時期になると放送される”火垂るの墓”を
最後まで見ることができません。
戦争に翻弄される清太・節子が、かわいそうで、かわいそうで、
涙が止め処なくあふれ、テレビが見えなくなってしまうから・・・。

みなさんは、火垂るの墓をフィクションだと思われていますか。
いえいえ、ノンフィクションなのです。
実際に、火垂るの墓の舞台となった神戸市東灘区に来て見て下さい。
今でもその当時を想う建物が残っていて、アニメと現在があまりにも
同じであることに、びっくりしますよ。

そして今日、私がふわふわ散歩したのは・・・
清太・節子が神戸大空襲の日に、逃げ込んだ川の”石屋川”。
また、大やけどをした母親と再会した”神戸市立御影小学校”。
空襲後、焼け野原にポツンと立ってた”御影公会堂”です。

石屋川沿いには、”火垂るの墓の記念石碑”が
建てられていました。
最近建てられた感じがします。
私も震災直後、この近所に住んでいたのですが、
まだその時には石碑は建ってなかったなぁ。
b0073782_1862563.jpg

そして、神戸市立御影小学校へ。
今は、子供達の声がわいわいしていて平和そのもの。
当時の面影はないね。
b0073782_1874115.jpg

御影公会堂。
ここは、当時の面影が色濃く残っています。
昭和初期のモダンなデザインの建物で歴史を漂わせる佇まい。
いつまでも残してほしいなぁ。
余談ですが、ここ御影公会堂の食堂の”オムライス”
美味しいことで有名です。
b0073782_1894194.jpg

みなさんも、火垂るの墓を振り返りながら巡ってみられてはどうでしょうか。
もしかすると、火垂るの墓の物語が身近に感じるように
なるかもしれませんね。

最後に、”平和”に感謝です。
ありがとう。

「火垂るの墓」記念石碑
神戸市東灘区石屋川沿いの公園内。
もっこすラーメンのちょっと南にあるので一度ご覧下さい。
[PR]

by kobezuki | 2006-04-27 18:17 | ふわふわ散歩